青の花茶はどんな効果が期待できるの?

飲むだけで痩せるお茶として、いま話題を集めている、青の花茶。

 

ダイエットに効果があるとして人気の青の花茶ですが、ダイエット以外には、どんな効果があるのでしょうか?

 

今回は、そんな青の花茶の効果について、解説していきます!

 

青の花茶はどんな効果があるの?

青の花茶の成分から、青の花茶の効果について調べてみました!

甘いものを我慢できる効果

ダイエットにとって大敵な、甘いもの。カロリーや脂質が多く含まれているので、ダイエット中には避けたいものの1つです。

 

甘いお菓子や、甘いジュースが大好きな人にとって、甘いものを我慢するのってとっても辛いですよね。青の花茶には、甜茶という、甘い茶葉が含まれています。

 

この甜茶は、砂糖の75倍から100倍もの甘さがあるそうです!しかも、この甘味は、身体の中に蓄えられない甘味なので、甜茶の成分によって太ることはありません。

 

甘いものを口にしたくなったとき、青の花茶を飲めば、我慢することができる効果があります。

身体のリズムを正常に戻してくれる効果

青の花茶に含まれる、アマチャズルの葉の効果によって、身体のリズムを正常にも戻してくれる効果があります。

 

アマチャズルの葉には、サポニンという成分が多く含まれていて、抗ストレス効果や、コレステロール値を下げる効果が期待できます。ダイエットだけではなく、健康にもとっても良い効果があります。

モヤモヤを解消してくれる効果

ダイエット中は、摂取カロリーが足りなくなったり、糖分の摂取を抑制することで、イライラしたり、モヤモヤしてしまうことがありますよね。

 

しかし、そんなときにラフマという成分によって、そんなモヤモヤを解消してくれます!ラフマには、リラックス効果があり、ダイエット中に乱れがちな精神を安定させてくれる効果があります。

 

ダイエットにとって、ストレスは大敵ですから、とてもうれしい効果です。

コレステロールの吸収を抑える効果

青の花茶に含まれるハーブの一種、メグスリノキには、β‐システロールという成分が含まれています。β‐システロールには、コレステロールの吸収を抑える効果があり、ダイエットの強い味方となってくれる成分です。

目の疲れをとってくれる効果

同じく、青の花茶に含まれるハーブ、メグスリノキには、カテキンが多く含まれており、眼精疲労の回復にも効果があります。

アンチエイジング効果

青の花茶に含まれる、アマチャズルには、サポニンという成分が含まれており、アンチエイジング効果があります。サポニンには、新陳代謝を活発にして、身体の細胞を若返らせる働きがあります。

アレルギーを緩和させる効果

青の花茶に含まれる、甜茶には、ポリフェノールが豊富に含まれています。甜茶に含まれる、甜茶ポリフェノールは、アレルギー症状を抑える、抗ヒスタミン作用があります。

 

花粉症や、ハウスダストなどのアレルギーによる、鼻水やくしゃみなどの症状を緩和したり、予防したりする効果があります。

 

以上、青の花茶の効果についてでした!

 

青の花茶は、痩せるだけではなく、健康にもとっても良い効果が期待できるお茶です。ぜひみなさんも試してみてくださいね。

 

>>青の花茶の最安値はこちら