青の花茶の気になる成分情報を紹介します!

飲むだけで痩せるお茶として、いま注目を集めている、青の花茶。若い女性の間を中心に、人気が出始めている商品です。

 

飲むだけで痩せる!という謳い文句の青の花茶ですが、なぜ飲むだけで痩せるの?と疑問に思いますよね。

 

そこで気になるのは、青の花茶に含まれている成分。青の花茶に含まれている成分は安全なもの?

 

どんな成分が含まれているの?今回は、そんな青の花茶の成分について、徹底解説していきます!

 

青の花茶に含まれている成分

気になる青の花茶の成分について解説していきます。

バタフライピー

青の花茶に含まれる、代表的な成分に、バタフライピーというものがあります。

 

このバタフライピーは、美容大国タイで、古来から愛されてきた、タイではとってもポピュラーなお茶の葉です。

 

青の花茶のきれいで透き通るような青色は、このバタフライピーによるものです。

 

バタフライピーは、クエン酸に反応すると、紫色に色素が変化する不思議なお茶の葉です。

 

ですので、青の花茶に、レモン汁などの、クエン酸を含むものを混ぜると、きれいな青色から、紫色に色素が変化します。

 

バタフライピーには、ポリフェノールが豊富に含まれていて、眼精疲労の回復や、アンチエイジング、血液をサラサラにしてくれる効果があります。

甜茶

青の花茶には、いくつかの種類のハーブが含まれています。その1つが、甜茶(てんちゃ)です。

 

甜茶には、砂糖の75倍〜100倍の甘さがあり、しかも、身体に蓄えられない甘味なので、ダイエット中でも安心して摂取することができます。

 

また、甜茶には、アレルギーを抑える効果のある、抗ヒスタミン作用のある、甜茶ポリフェノールが豊富に含まれているため、花粉症などのアレルギーにも効果的です。

アマチャズル

青の花茶に含まれるハーブの1種、アマチャズルは、サポニンという成分を多く含んでいます。

 

サポニンには、ストレスを鎮める効果や、コレステロール値を下げる効果があります。

ラフマ

 

ラフマも、青の花茶に含まれるハーブの1種です。ラフマには、フラボノイドや、アミノ酸という成分が豊富に含まれていて、生活習慣病の予防などにも効果が期待できる成分です。

メグスリノキ

メグスリノキも、青の花茶に含まれるハーブの1種で、β‐システロールや、ケルセチン、カテキン、タンニンなどが多く含まれています。

 

β‐システロールには、コレステロールの吸収を抑える効果があります。また、タンニンには、肝臓の働きを高めたり、血行を良くする効果があります。

 

 

以上が、青の花茶に含まれている主な成分です。

 

青の花茶には、聞いたことがないようなハーブや、茶葉がたくさん含まれています。配合されているハーブや茶葉に含まれる成分は、どれも、ダイエットにも、健康にも嬉しい成分ばかりです。

 

青の花茶に含まれている成分をよく理解して、青の花茶を飲んで、ダイエットに挑戦してみてくださいね!

 

>>青の花茶の最安値はこちら